2015年09月21日

2015年9月 別冊わがまちジャーナル


20159月 別冊わがまちジャーナル

無題.jpg

タイトル.jpg

■武蔵野三鷹くらしのINDEX


タイトル「自転車はどっちのなかま?」

タイトル自転車はどっちの仲間.jpg

6月1日より改正道交法が施行されました。


どっちの仲間.jpg 改正道交法.jpg

今回の改正の最大のポイントは、自転車の取り締まり強化です。

自転車は、軽車両です。車の仲間です。

違反をすると罰金を取られます。


どけどけ.jpg 接触2.jpg

講習会2.jpg

罰金5万円.jpg

警視庁でもパンフレットを発行してルールの徹底を促しています。


●自転車に乗るときは自転車安全利用五則を守りましょう


自転車安全利用五則


五側.jpg


■キャスター宮川の視点

タイトル「会話のはずむまち」


宮川視点2.jpg

近頃、個人商店が減って、お店の人と話をすることがなくなりましたね。


ふろしき市1.jpg

三鷹市ボランティア連絡協議会が「ふろしき市」を

ほぼ毎月行っています。

1m×2mのスペースを提供し、そこで自由にモノを売る

フリーマーケットで、もう約30年、300回以上続いています。


ことさら用があって行くのではなく、なんとなく行きたくなる場所。

自由な広場であり、たまり場であり、オープンな出会いの現場、

それでいて一人でいてもいいようなホッとする場所。


武蔵野プレイス.jpg


最近では公共施設でも武蔵野プレイスのような素敵な場所が出来てきました。

この方向がもっともっと進めばよいなと思います。




朗読の部屋


「瘤取り 其の四」


ろタイトル4.jpg


隣家のお爺さんの顔にも瘤があり、

不正なことは何一つしていないのに不遇な結末を迎えます。


この物語全体を通じて「不正」が一つもなかったのに

不幸な人が出てしまうことに太宰の視点が光っています。



ろのだ4.jpg


ろつる4.jpg


ろてろっぷ24.jpg


ろてろっぷ34.jpg


この4回シリーズは抜粋でお届けしました。


原文を読んで頂けるきっかけになればと思います。

 

Blog write by nori



posted by MMCTV at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年09月11日

2015年9月 時を超えて


2015年9月号 時を超えて
1.jpg
 
こんにちは、原きよです。
2.jpg

9月は、1日の防災の日にちなんで、

防災に関わらず、様々な訓練が行われます。

救命救急訓練もその一つ。

もし万が一、そういう状況に居合わせて

「どなたか使えますか?」と聞かれても、

積極的に「はい!」と応えられないと思います。

 

武蔵野三鷹くらしのINDEX

AEDでたすかる命 あなたはAEDを使えますか」

4.jpg
7.jpg

AEDの講習会は、武蔵野市・三鷹市両市でも時折、

開催していますし、東京消防庁や東京防災救急協会の

HPでも、開催の情報を得ることができます。


6.jpg 
119番するとポンプ車が来る時があります。
11.jpg 12.jpg
PA連携と言い、救急車が到着するまで救命を行います。
ポンプ車には、救急救命の資格者が乗っています。

13.jpg

成蹊学園 成蹊小学校では、作業員の方を先生と生徒たちが

連携してAEDを使って助けました。


9.jpg

緊急のときに自信を持って対処できる

よう、くり返しの受講が必要だと思います。

そして更に大切なのは、日頃からよく行く場所、通り道などで、

どこにAEDが設置されているかを把握しておくことですね。



キャスター宮川の視点
「AED 命にかかわる機器 かかわる人の誠実さ
消防署で働く職員の誠実な対応について語っています
16.jpg

「ほ〜っとスペース 井の頭恩賜公園 野球場」


5.jpg

利用開始から一年、

野球場に隣接された遊びの広場はカラフルな遊具が人気で、

野球場とあわせて、公園のあらたなスポットになっています。

19.jpg


17.jpg  18.jpg

野球場の周辺には、ベンチも沢山、設置されています。



秋に向けて、これから次第に過ごしやすい日も増えてくるでしょう。

ベンチに座ってお弁当を食べるのも、読書をするのもいいですね。

3.jpg

9月は防災月間、防災や救急救命を意識して、

町を歩いてみるのもよいかもしれません。

違った視点で、何か発見がありそうです。

 それではまた次回、お目にかかりましょう。さようなら


(write  ひろりん)

posted by MMCTV at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年09月01日

2015年9月月刊わがまちジャーナル


2015年9月号 月刊わがまちジャーナル
1.jpg
2.jpg

このまちの気になる社長さん(その1

武蔵境自動車教習所 橋明希さん


4.jpg

私達のまち武蔵野三鷹で商売をしている経営者を紹介する番組です。


あの気になる会社やお店の社長さんはどんな人なのだろう。

何を目指し、何を大切にしているのだろう。

そんな素朴な疑問に応えるシリーズ番組です。

特に、地域を大事にしている会社や、このまちにあってうれしいと

思うようなお店の社長さんを紹介していきます。  


1回目の社長さんは、

武蔵境自動車教習所の高橋明希社長です

6.jpg


3.jpg 

インタビューは猶木貴彦


高橋社長は、教習所は、教育業ではなくサービス業と位置づけ、

「お客様の一生の思い出を創る」というビジョンを掲げています。

5.jpg 8.jpg

9.jpg

全国トップクラスの利用者を更新し続けている自動車教習所の

秘密の一端を伺うことができた取材となりました。



タイトル 建物探訪 〜三鷹芸術文化センター〜


10.jpg 


 三鷹市において、芸術文化の受信、発信拠点施設である

 「三鷹芸術文化センター」 を、探訪します。

11.jpg

色々なイベントなどで、この施設 通称 「芸文センター」へ、

足を運んだ方はたくさんいらっしゃると思います。


そこで今回は、いつもはあまり縁のない裏側も覗いてみました。

12.jpg 


ご自分のリサイタルや、バンド練習、バレーや、お習字、絵画などの

習い事、そして、色々な会議などでも使われます。

14.jpg 13.jpg 

15.jpg


大きなコンサートなども行われます。

 16.jpg

三鷹の文化の発信基地だけでなく、市民文化の継承、

熟成基地としての役割も果たしています。


かけこみ情報

17.jpg


18.jpg 19.jpg

21.jpg 22.jpg


23.jpg


<ブログ hirorin>




posted by MMCTV at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記